草むしりや草刈りが必要な場面

草むしりや草刈りが必要になるケースはたくさんあります。

 

例えば、マンションの管理人であれば、マンション敷地内の雑草を抜かなければならないので、草むしりや草刈りが必要になるでしょう。

 

また、空き家や空き地になった場所は雑草が生えやすいです。

 

old_草むしりや芝刈りに※草刈り業者の選び方とまとめ-コピー

 

雑草だらけになると近所の人にも迷惑になるので、土地や空き家の所有者は草むしりや草刈りをしなければなりません。

 

そのほか、コンクリートで舗装されていない土の駐車場の場合、雑草が生えてくる可能性は高いです。

 

駐車場に雑草がたくさん生えているので車を駐車しにくいので、定期的に草むしりや草刈りを行うことになるでしょう。

 

雑草はどこでも生えてきます。

 

お庭の草むしりや草刈りが一般的ですが、その他の場面でも草むしりや草刈りが必要になるケースはたくさんあるのです。

 

自分で草刈りをする場合の草刈り道具と方法

自力で草刈りをする場合、草刈り道具が必要となります。

 

old_草むしりや芝刈りに※草刈り業者の選び方とまとめ-コピー

 

草刈りをする道具として必要なのは

  • ・草刈り鎌
  • ・剪定用はさみ
  • ・熊手
  • ・鍬
  • ・手押し台車

などです。

 

草刈り鎌は、生えている雑草の種類によって大きさを変えるとよいでしょう。

 

大きな草を刈るための大鎌もあります。

 

剪定用はさみは、細かいところの草刈りに便利です。

 

熊手は刈った草をかき集める道具であり、鍬は雑草の根っこ部分を処理するための、土を掘りおこす道具になります。

 

手押し台車は刈った草を運ぶのに使用しましょう。

 

自力で草刈りをする方法以外に、草刈り機を使用する方法もあります。

 

草刈り機には色々な種類があり、大きさも値段もピンからキリまでです。肩にかけて使用するショルダータイプのものや、自走式のものもありますよ。

 

自分で草刈りをする場合のデメリット

草刈りを自分でするのは、大変な作業であり、時間もかかります。

 

old_草むしりや芝刈りに※草刈り業者の選び方とまとめ-コピー

 

草刈りをする場所が広範囲な場合、体への負担も大きく、腰を痛めてしまう人もいます。

 

必要な道具を揃えると何かと費用がかかり、置き場所に困るという点もデメリットです。

 

草刈り機を使った場合、手足にケガをする可能性も少なくありません。

 

また自力の草刈りで大きなデメリットになるのが「雑草の処分」です。

 

刈った後の雑草をどのように処分すればよいか戸惑ってしまう人も多いでしょう。

 

草刈り後の雑草の処分方法としては、自力で処分する方法と業者に依頼する方法があります。自力で処分する場合、一般ごみとして出す、野焼きする、埋めて堆肥化させるなどの方法がありますが、どの方法も面倒です。

 

業者に依頼した場合、簡単に処分できるものの、費用が掛かってしまいます。

 

草刈り業者に依頼するメリット

草刈りを自力でするのは面倒という人には、草刈り業者に依頼するのがおすすめです。

 

草刈り業者に依頼すれば、費用はかかるものの、広範囲の草刈りを全てお任せすることができるので楽ちんですよ。

 

old_草むしりや芝刈りに※草刈り業者の選び方とまとめ-コピー

 

また、ケガをする心配もありませんし、草刈りに必要な道具はすべて草刈り業者が持参してくれます。

 

草刈り用の道具を揃える必要もないので置き場に困ることもありませんね。

 

また、作業後の雑草の処分もすべて、草刈り業者が対応してくれるので、雑草処分方法に悩む必要もありません。

 

草刈り業者を依頼するのがおすすめなケースといえば、

  • ・広範囲の場所を草刈りする
  • ・硬くて丈夫な雑草が生えている

などの場合です。

 

広範囲に生い茂っている雑草を自力で草刈りするのは時間もかかりますし、手作業では無理でしょう。

 

やわらかい雑草であれば手でも簡単に草むしりできますが、かたくて丈夫な雑草の場合に草刈り業者に依頼した方が、確実に雑草処理してくれます。

 

草刈り業者に頼んだ場合の時間と料金

草刈りを業者に依頼した場合、料金は各業者によって違います。

 

old_草むしりや芝刈りに※草刈り業者の選び方とまとめ-コピー

 

基本料金の設定の仕方も業者によって違い、面積によって決まる場合もあれば、作業時間によって決まる場合もあるでしょう。

 

その他、除草する草の量によって料金を設定している業者もあります。

 

基本的には、面積当たり(坪あたり)で設定しているケースが多いです。

 

料金相場は50平米で7000〜25000円前後とかなりばらつきがあります。

 

基本料金の中に含まれている項目も業者によって違うため、見積もりをしっかりととって確認する必要があるでしょう。

 

また、業者に依頼した場合、草刈りにかかる時間は30坪程度で3〜5時間程度が目安になります。

 

草刈り機だけを使用すれば作業時間は短くなりますし、手作業が加われば作業時間は長くなるでしょう。

 

草刈りを依頼するならどこがいい?

草刈りを行っている業者はたくさんあります。

 

植木屋や便利屋、ホームセンター、ハウスクリーニング業者、シルバー人材センターなど様々な業者が草刈りサービスを実施しているのです。

 

ハウスクリーニング業者に依頼すれば、草刈りだけではなく、お風呂、キッチン、トイレなどの水回りの掃除も行ってくれるでしょう。

 

また、シルバー人材センターでの草刈りは他の業者に比べて費用が安いのがメリットです。

 

草刈りだけを依頼したい、しっかりと除草したいという場合であれば、草刈りを専門に行っている業者がおすすめ。

 

経験もノウハウもしっかりとあるので、高い除草効果も期待できるでしょう。

 

草刈り110番

https://kusakari-rits.jp/

 

防草シートで予防もできる万全のサポート体制
毎年生えてくる雑草も定期作業で対応可能
1坪あたりの安心価格設定で明瞭会計

 

草刈り110番は庭木のトラブル解決での利用シェアNo1の東証上場企業です。

 

顧客満足度、しっかり丁寧な対応、価格満足度、利用シェアの、4冠も達成しています。

 

24時間365日日本全国に受付対応で、累計問い合わせ件数は210万件以上です。

 

空地やお庭、駐車場、別荘など草刈り、草むしり、芝刈りを立ち合い無しで作業してくれるのでとってもらくちん。

 

スピーディーで丁寧な対応が好評で、料金は全国一律価格で1坪あたり600円〜となっています。

 

くらしのマーケット

https://curama.jp/category/

 

それぞれの草刈り業者の相場を知ることができる
実際に利用した人の口コミをチェックできる
ハウスクリーニング、引っ越し、リフォームなど予約できるカテゴリーは200種類以上

 

くらしのマーケットはハウスクリーニング、不用品回収、引っ越し、剪定・造園、害虫・害獣駆除など幅広いサービスを行う業者を比較検討できるサイトになります。

 

草刈りを依頼する時に、どんなポイントを重視するべきか悩むでしょう。

 

それぞれの業者によって、サービス内容も価格も異なります。

 

くらしのマーケットの出店者にはそれぞれ個性があるので、こだわりや口コミをチェックしながら、ぴったりの草刈り業者を探すことができるでしょう。

 

お庭マスター

https://aff.oniwa-master.info/

 

数多くの経験を積んだ専門スタッフの圧倒的な技術力
拠点数1000箇所以上で最短即日の緊急対応ができる
現場までの移動コストを削減し低価格のサービスを提供

 

お庭マスターは全国各地に完全対応できる剪定、伐採、草刈り専門の業者です。

 

最短即実のスピーディーな対応が人気で、業界最安値に挑戦する低価格も自慢。

 

価格だけではなく、技術力も高いです。

 

お庭に関するお悩みはすべて対応可能で、専門の作業スタッフが丁寧・親切に対応します。

 

一般家庭はもちろん、法人、季節を問わず、他社に断られた内容でも相談できるのが嬉しいですね。

 

取引実績には大手企業もあり、お客様満足度93%の信頼できる業者です。

 

  • 庭木の剪定
  • 芝張り
  • 植え込みの剪定
  • 防草シート施工
  • 草むしり(手作業)
  • 草刈り(草刈り機)
  • 庭木の伐採・抜根
  • 鉢の植え替え
  • 植木・庭木の植え替え
TOPへ